折り紙でバラ

用意するもの
  折り紙(この作品はタント紙使用)
つまようじ(細かいところの調整に)
造花(バラリースのポイントに)
リースの台座
グルーガン
リボン

作り方は簡単に書くと
1.バラを折る
2.台座に付ける
3.ポイントの造花を付ける

です。


タント紙が良い理由は、
しっかりした作品になる
裏面も色付きなので、仕上がりが綺麗

ただ、タント紙で折ると、疲れます。色画用紙で折り紙してるみたいな感じです。



こんな感じで折っていって
{74C36722-44DC-406F-9088-84EBF0C05062:01}



こんな風に付けていって
{1B1B6E77-5CB2-416A-B43B-F1005B629D42:01}


仕上がりはこんな感じです
{774ED879-FCFD-4867-8F10-E774C6F60E4D:01}


アップ
{79C76A6A-960B-4D4F-A426-DAFF625C3B3E:01}

{6874CC12-5219-4141-939A-61B913D4AEDE:01}


{2C54FE65-5415-4638-ADDD-CCF07DDAA2AB:01}


リボンをつけて吊るせます。ちょっと重いです
{D3D58173-10EA-44BD-BA43-9A51F94E8965:01}


これは、友人の結婚式のプレゼントに作りました。
だいたい毎日作業して、一ヶ月あれば出来上がると思います。

子育てしながらだったので、一日の作業時間は二時間くらいです。

クリスマスシーズン、手作りのリース、いかがですか?


11月生まれのわたしとしては、この時期
11月を無視してクリスマスだなんだと
世の中が浮き足立つのがどうも苦手。
11月の気持ちにもなって!!

11月を芋煮月間にしましょー☆